Paper Space / ペーパースペース

2016, 90 inkjet prints

I moved to a new flat at October 2016. Normally to get a flat we need a bank account and personal identification. And to have a bank account we need an address and personal identification. Also to get insurance we need an address, personal identification, and a bank account, and to work for a company we need an address, bank account, personal identification and often insurance as well.
When I wondered about these relationships of different documents in my room, it seemed to me that my room is composed by these documents. I even thought, missing one of those might make this room immediately disappear, and the walls of my room seemed to me a paper wall constructed from bank, insurance and personal identification documents. My new room is this sense a composition of these bureaucratic documents.

 

2016年の10月僕は新しい家に引っ越しをした。自分の家を持つ、または借りるには、銀行のアカウント、身分証明書がいる。銀行のカードを持つには身分証明書、家の住所がいる。保険証を持つには、家の住所、身分証明書、銀行のアカウントがいる。そして会社などで働くには、僕たちは大抵その4つの書類が必要だ。
自分の部屋の中で様々なドキュメントの不思議な関係について考えていると、自分の部屋はそのドキュメントによって成り立っている様に思えた。一つでもそのドキュメントがなくなれば、僕の部屋はあっという間に消えてなくなってしまう様にも思えた。考えていると普通の壁が、銀行、身分証明書、保険証などでできた紙の壁に見えた。僕の新しい家はドキュメントの関係で成り立っている家だ。